【豊中市 出会い体験談】ワクワクメール 純粋な花子 未婚(女性21歳)|普通の女子大生が50代男性の愛人になりかけた話

ワクワクメールをつかおうと思ったきっかけは?

留学費用を貯めたかったので、お手当てとして支援して頂ける紳士的な男性と出会いたくて始めました。いわゆるパパ活です。
インターネットで調べてみると、アプリを通じて出会うことができると書いてあったので、気軽な気持ちで始めてみました。

ワクワクメールを選んだ理由は?

インターネットのブログを見ていて、出会い系アプリのランキングが1位だったからです。
また、ブラウザからも入れるので、携帯電話だけでなくパソコンからもアクセスできてベンチだったから選びました。

ワクワクメールを使って良かった点は?

お互いのプロフィールをある程度詳しく見ることができたこと、住んでいる地域を登録することができたので、比較的少ない移動で男性と会うことができました。
恋人を探していたり、セフレを探していたりなど、異性に求めている関係も入力する欄があったので、求めている関係を希望する方の見分けがつきやすかったのは良かったです。
掲示板や日記機能を使って気軽に連絡を取れるので、男性からのメールがたくさん来ました。
そのためこちらから特にアクションをする必要がなく、楽でした。

ワクワクメールを使って悪かった点は?

メールアドレスの交換やソーシャルメディアのIDを教えようとすると送れないことがありました。
プロフィールのNGワードが多く、身体の関係、お金、愛人、支援、などの言葉が全て弾かれてしまいます。
そのため、恋人以外の関係を求めている方にとってはプロフィールに正確な希望を記入することが珍しく、曖昧に書くしかなかったので、自分の希望ではないお誘いが来ることが多かったです。

ワクワクメールで出会った相手はどんな人だった?

自分の父親ほどの年代の、少し白髪で髪の少なさが目立つおじさんでした。
特別紳士的なわけでもなく、かと言って不潔そうなおじさんでもなく、本当に普通のおじさんでした。
笑顔が特徴的だったので優しそうな雰囲気は伝わりました。
出会う前に連絡先も交換していたので、安心感はありました。
しかし自分より2回り以上も年上だったので、一緒に歩くのは少し恥ずかしかったです。
出会う前にお互いの条件は確認していたので、合ってからは雑談や普段の仕事の話など、当たり障りもない話をしました。

実際に会ってどんなデートをした?

少しお高めの居酒屋に行って夕食をご馳走になりました。
初めからお食事のみという話をしていたので、特にデート内容については話すこともなく、会話は雑談をしていました。
私も相手もお酒が強いということが分かったので、まずはビールで乾杯してからカクテルやワインなど様々なお酒を飲みました。
普段の自分の金銭感覚では行けないような高級そうなお店だったので私はワクワクしていました。
お酒も美味しくてお食事も美味しかったので楽しいデートでした。

ワクワクメールで出会った人とはその後どうなった?

もともとお食事のみの関係を希望していた私にとって、これからもそのような関係が続けば良いと思ったので連絡を取り合っていました。
しかし相手の方はそうは思っていなかったようで、何回か連絡を取り合ったりお会いしたりするうちに、ホテルに誘われるようになりました。
私は上手くかわしていたのですが、遂に電話で愛人にならないかと言われました。
月にかなりの額の支援とマンションをくれるということで好条件に思わず私の心は揺れましたが、白髪混じりのおじさんと身体の関係になることだけはどうしても嫌で、電話で丁寧にお断りしました。
断った途端に相手の態度が豹変し、「今まで費やした時間と金が無駄になった」「だから金がなくて貧乏なんじゃボケ」「金目当てのバカ女なんて生きる価値がない」など様々な暴言を吐かれました。
この人は最終的には愛人として身体の関係を求めているような男性だったのです。
もちろん私は条件が合わないと感じて以来は会っていませんし電話もしていません。
あれだけ暴言を吐いておいてもまだ相手はいまだに私に電話をかけてきたりメッセージを送ってきたりします。
「俺には愛人候補なんてたくさんいるんだからな!」なんて啖呵を切っていたのですが、絶対にいないに違いありません。
私に未練タラタラで連絡をし続けてくるのもバカらしいし滑稽に思えてきます。
私もブロックして関係を断てば良いのですが、なんとなく面白くて返信はしないもののメッセージを見ては影で笑っています。
本性は暴力的なクソ親父だったことが分かったのですが、もしあの時好条件につられて愛人になっていたら私の人生はどうなっていたのだろうと考えると少し不思議な気持ちです。

ワクワクメールよりも人気の出会い系サイト、PCMAXの 口コミ 評価を読む